single-blog.php

BLOG

template-parts/content-blog_single.php

2018.06.08 ITEMS

万年筆のこと

こんにちは!
すっかりブログを、サボっておりました!
ともこです。
 
遅ればせながら
制作してくださった「SKB」さんに
メールでインタビュー!しました。
 
 
 
ちょっぴり、カタコトな感じが愛らしいですが
そのままお送りします。
では早速どうぞ!
 
       
1、今回コラボした万年筆の特徴を教えてください。
 
–  重心が低くて書きやすいです。
   首軸はアルミニウムで軽くて丈夫です。重心も低いし、書くときは楽になります。
 
– 胴は透明で、インクが見えます。
  自分の好みによってインクを変えることができます。
 
-ドイツ製高級品のペン先で、インクが順調に出られて、書くことが楽しめます!
 
この万年筆は初心者向けです。
首軸とペン先の材質は軽くて丈夫なアルミニウムで、
艶やかさが失われないように陽極酸化処理で加工しました。
パケージの中にはコンバーターと欧州共通規格カートリッジ各一本あります。
胴軸は透明色で、残ったインクもはっきり見えます。
 
2、今回の万年筆の太さは?
ペン先はドイツから輸入したペン先です。
太さは 極細 [EF] で、約0.4-0.5mmです。
インクの出るはそんなに多くないから、初心者にとって書きやすいです。
 
3、万年筆全般について、SKBさんが、万年筆を使ったことのないお客様に伝えている”万年筆の良さ”を
  教えてください。
 
万年筆で書く文字は自分のスタイルが見えます。
紙に書くとき力によって書いた文字も変わるので、ボールペンより味わい深いです。
また、インクの色かペン先の太さなど、違う使い方を組み合わせて書いた文字も違うので、面白いです。
「万年筆で字を書くと、自分の字もきれいになる。」ことはよくみんなに言われましたよ~
台湾にはたくさんの人は卒業、クリスマスなど特別な日に特別な人に万年筆をプレゼントとして送りますよ。
 
 
 
以上インタビューでした!
 
台湾では、特別な日に万年筆を贈るんですね、なんとも素敵!
文字が綺麗になるというのは、わかるなぁ。
力を強く入れなくても文字が書けるから、サラサラっと進みます。
 
そもそもなんで
台湾で万年筆を作る事になったかというと
AIUEOの雑貨を海外で営業している
じげちゃんが台湾のお取り引き先の皆さんと仲良しで
 
台湾の小径文化さんで開催されたPOP UP SHOP「小径小學堂」の企画の1つとして
小径文化さんに、SKBさんを紹介していただいた事がスタートでした。
じげちゃんに台湾での写真をちょっぴりもらったので載せます。
 
こちらの写真が
AIUEOとのPOP UP SHOPを開催中の
小径文化さんのお店。
くまちゃんも出張しました!
いつもいつもお疲れさま〜
 
小径文化さんは
かなりのネコ好きだそうで
オフィスには、この写真のようにネコちゃんが
たくさんいるそうです。
一人、一匹抱けるなんて
ものすごく贅沢に見える。
 
こんな風に、SKBさんにもAIUEOの商品を紹介してくれて
コラボレーションがスタートしました。
KUMA COFFEE CAFEのチラシもある!
 
小径文化さんと、SKBさんと、じげちゃん!
 
みんなニコニコで、楽しそう!
こんな感じで、素敵な出会いが重なったコラボレーションなのでした。
 
こんなに紹介しておきながら
実は、ピンクのくまちゃんがプリントされた万年筆はもう残りが、
わずかだそうです。
気になっている方は、問い合わせしてからがいいかも、しれませんが、、!
ぜひお店に見に来てくださいね。
 
ともこ
 

template-parts/content-blog_nav.php